ホームページに戻る
鉄筋技能士受験資格一覧表 (職業能力開発協会資料)
 平成28年度鉄筋組合主催「鉄筋技能士受検準備講習会」のお知らせ       

 1.場  所    「台東区立 台東区民会館」 台東区花川戸2−6−5
 
 2.日時及び講習内容
   (1) 「学科講習」   平成28年12月11日(日)・1月9日(月) 午前9時〜午後 5時
 
   (2) 「施工図実技講習」   平成28年12月10日(土)11日 (日) 午前9時〜午後 5時 
           〃         平成28年12月18日(日) 午前9時〜午後 5時
   (3) 「学科模擬試験」     平成29年 1月22日(日) 午前9時〜午後12時
 
2016,11,30 改訂
鉄筋技能検定制度について
東鉄協では平成28年度の受験準備講習会を下記日程で開催します。(詳細はお問い合わせください)

平成28年度の「鉄筋技能検定」の受験申込組合受付は終了しました。
 受 験 資 格
  2   級  実務経験のみで 2年
  1   級  実務経験のみで 7年又は、2級合格後実務経験 2年
       但し、検定種目と同一の職業訓練、専門の学校を卒業の場合は短縮の制度があります
       上の表を参照してください

 実技試験の概要
  鉄筋組立て作業                                                    
  2   級  曲げ加工した鉄筋を使用し、図面及び仕様に従い、基礎・柱・基礎梁の取合い部の
 鉄筋の組立を行う。基礎梁には2段筋はない。
 (作業時間 標準時間1時間20分
 延長時間20分
  1   級  2級の課題と同じ形に、基礎梁4台に上下筋とも2段筋が加わる。
 (作業時間 標準時間1時間40分 
延長時間30分
  施工図作成作業
  2   級  2階建て鉄筋コンクリート造の建築物の梁、床伏図、断面リスト等に基づき、
 スラブの鉄筋施工図並びに加工エフの作成を行う。
 (作業時間 2時間10分) 
  1   級  2階建て鉄筋コンクリート造の建築物の梁、床伏図、断面リスト等に基づき
 柱、梁及び小梁の鉄筋施工図並びに加工エフの作成を行う。
 (作業時間 3時間)
鉄筋組立実技試験風景
技能検定とは、職業能力開発促進法に基づき、受験者が持っている技能や知識を
一定の基準によって検定し、公証する試験で、そのことにより皆さんの技能がいっ
そう磨かれ、また皆さんの社会的・経済的地位の向上を図ることを目的とした国家
資格制度です。 
                                                        
鉄筋技能士検定は、                 
  「鉄筋組み立て作業」「鉄筋施工図作成作業」の2作業に区分され、どちらの
作業にも「1級」「2級」があり、受験者が経験年数に応じて選択して受検します。
 また、それぞれ学科試験と実技試験とによって実施されます。  
技能検定に合格した人は、1級は厚生労働大臣の、2級は東京都知事の合格書
と 技能士章が交付され、職業能力開発促進法に基づき「鉄筋技能士」と称する
ことができます。
 鉄筋技能士とは