2012. 6.13 訂正
研修制度に関するお問い合せは

東京都鉄筋業協同組合まで
  

  TEL 03−3861−0527

また、海外建設研修制度に関する詳細は

(社)全国鉄筋工事業協会のホームページ
 
 http://www.zentekkin.or.jp/fkensyu.html
 
      
ホームページに戻る

全鉄筋の海外建設実習生受入の基本的考え方

 実習生受入事業は、わが国と中国との交流を通じ国際的な相互理解を深めると同時に、経済・建設技術・技能の相互発展を図るという重要な事業であります。
 平成22年度より、よりいっそう効果的に取り組んでいくため、全鉄筋が受入団体となって運営する事になりました。
事業の内容としては、中国の大手建設会社に従事する技能労働者を実習生として受入れ、全鉄筋会員企業において実習期間計
3年間業務に従事し、修得した技術・技能を母国に帰って活用してもらうという技術移転を目的とした制度で、帰国した実習生は母国の発展に貴重な人材となり中国派遣機関より高い評価を得ています。
 また、単に鉄筋施工技術・技能の移転にとどまらず、日本語の修得や国の文化・風俗習慣の相互理解を深める良き機会となり、
彼らの多くが親日家となって日中の国際親善に貢献しています。
 企業としても、向上心あふれる実習生の受入れにより職場が活性化したり、人材の確保を計るという観点からも意義のある事業と
して今後も積極的に推進してまいりたいと思います。

海外建設実習生受入れについて