お問い合わせは
 東京都鉄筋業協同組合
 東京都台東区浅草橋3−17−10(昭光ビル) 03−3861−0527

 
提携先 労災研究所グループ
 東京都豊島区目白2−16−22 久野ビル2階 03−3981−3950
中小事業主と一人親方の区分

中小事業主とは、常時300人以下の労働者を
 使用する事業主で、株式会社、有限会社との
 法人格の有無には関係ありません。
一人親方とは、他人を使用しないで、建設業の
 事業を行う事を常態とするもの及びその事業に
 従事する者(通常家族従事者をいう)。
 また、年間100日以内で他人を使用する場合も
 含まれます。
加入手続き

1.会員企業は、傘下の協力業者の中小事業主
 及び一人親方等を取りまとめ、鉄筋組合に申込み、
 組合から申込書が送られてきます。
2.会員企業は、送られてきた加入申込書に記入
 し、同書を組合事務所経由で労災研究所グループ
 に転送して申込を行う。
3.労災研究所グループは、加入申込書をもとに書
 類を作成して、役所に提出して加入手続きが完了
 する。
4.労災研究所グループから会員企業宛に保険料等
 の請求書が送られてきたら、指定振込先に振り
 込む。
 
制度の概要
 
 労災保険は、労働者の負傷、疾病、障害又は死亡に対して保険給付す
る労働者のための保険制度です。しかしながら、建設現場では労働者以
外にも多くの中小・零細企業の経営者の方や一人親方の方が、外見的
には労働者の方と同じ態様で働いていることが現実です。こうした労働
者以外の人たちも労働災害に遭う危険性は、一般労働者と何ら変わらな
いわけですが、法的には労働保険の適用が受けられません。
 そこで、本制度は、こうした労働者以外の人たちの救済を目的として、
国が設けた労災保険の特別加入制度を活用することにより、東京都鉄筋
業協同組合会員企業及びその参加の協力業者(中小事業主及び一人親
方)の方が建築現場等で被災した場合に於ける基礎的補償を行うことを
目的としています。
労災保険特別加入制度
鉄筋組合が窓口となって国の保険に加入手続きをする
一人親方と中小事業主のための